DIY

【DIY】ディアウォール、ラブリコ、PILLAR BRACKET (ピラーブラケット)【賃貸】【自作】


賃貸でも柱を立てられたら便利ですよね。

壁に穴をあけずに傷付ずに2×4のを突っ張るものとしてはディアウォールやラブリコ、

PILLAR BRACKET (ピラーブラケット)がありますが、結構高いの(2×4材も合わせると1,800~2,500円)で!自作することにしました。

材料

  
  ・2×4材(8フィート) 698円 
       天井までの長さマイナス10cm×1本 (床から天井までが230の場合、220cm)
    4.0cm×1本

 ・アジャスター(M8)×1本 199円(M8)※6cm~7cmのもの
 ・板付きナット(M8)×1個 185円
    ・木ねじ(3mm×30mm)

 ・キズ防止フェルトテープ(ダイソー)

 合計 1,276円(税込み)!!

道具

 
 ・電動ドリル

 ・ドリルビット(9.5mm)

作り方

1.2×4材 14cm 4cm×1本(赤まるの部分)に9.5mmの穴を空けます。
  ※短い方が安定することがわかりましたので14cm→4cmへ修正しました。
 

けがきを行います。

板付きナットを仮置きします。

9.5mmのドリルビットで2cm程度の穴を空けます。(この深さが突っ張りの調整幅になります)

2.板付きナットにアジャスターを通します。
  この部分が天井と2×4材を突っ張る部分になります。

3.板付きナットとアジャスターをつないだ部品を2×4材に木ねじで固定します。

固定のため木ねじ用の下穴を空けるため、けがきを行います。

下穴を開けます。

木ねじで固定します。

キズ防止パッドを取り付けます。

床面につく方にもキズ防止パッドをつけます。

4.アジャスター取り付けた2×4材を天井側にして突っ張ります。

レンチで締め付けます。
下部分を時計回り、上部分を半時計周りで突っ張ります。
(緩める場合はそれぞれ逆方向に回します。)

5.完成です!!

【応用編】有孔ボード 間仕切り壁


応用編として柱を2本立てて、有孔ボードの壁掛け収納をやってみました。

有孔ボードはホームセンターで3000円程度で購入でき、

壁掛け収納や簡易の部屋の間仕切り壁、目隠し壁に使用できます。

今回作った柱に有孔ボードを固定します。柱さえできれば固定するだけなので簡単です。

材料


今回は見た目を考慮して鬼目ナット、六角穴付ボルトを使用しました。


下穴を空けて、鬼目ナットを六角ビッドで取付けました。

完成

金属のフックを取りつけて完成です。

今回は外出する道具を全部掛けてみました。部屋がだいぶすっきりしました。

まとめ

ディアウォールやラブリコだと1本柱を立てると2,000円はかかりますが、

この方法なら木材も合わせて1,300円で柱が立てられます。

何本か柱を立てて間仕切壁にしたりいろいろ応用ができてお部屋DIYの幅が広がります。

是非作ってみてください!

今回紹介した方法で防音壁を作りました。
次の記事で紹介していますので是非ご覧ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fujimoto

はじめまして39歳会社員のfujimotoです。
思い立ってブログを始めることにしました。見てくれる方に役立つ情報を発信していきます。
詳しいプロフィール

-DIY

© 2021 gentlysky.com